お知らせ

☆お取扱商品のご紹介 ひょうたんカフェ☆

2018/02/16

こんばんは。
今日は風もなく穏やかな1日でしたね!
定休日の今日、つなぐでは今年初のBBQをしていただきました。
お客様とお天気に感謝感謝です★

ハニドロ店内はペンキ塗りも終了し、山場は超えました(^^)
OPENまであと2週間!!

今日は新しくハニドロに仲間入りする商品のご紹介☆
名古屋にあるワークセンターひょうたんカフェクラフト班の皆さんの作品です。






ひょうたんカフェさんは障害のある方の働く場所。
織機を使って、日々10名以上の方が手織り作品を織っています。





日々コツコツと織られる生地はあたたかくて優しい気持ちにさせてくれます。

あたしがこの作品を始めて手に取ったのは吉祥寺にあるマジェルカさんでした。こちらのお店は障害者さんの作品を集めたお店です。
このお店を知ったのはスタッフの遠藤さんからでした。
『たぶん千里さん、絶対好きだと思う!!千里さんがやりたいことに近いんじゃない?』と言って納豆ポーチを見せてくれました。
素晴らしいことをしているな~って思って訪れたのですが商品のクオリティーの高さにびっくり!!

ごめんなさい、あたし風太の作る作品を見て、一生懸命縫ったんだな~とかこんなこともできるんだ!って気持ちで見てました。
なので障害者の方が作る作品は頑張ったから買ってあげようみたいなところがありました。
たぶんそれは偽善です。
『あたしもそういう子供がいるから・・・』そんな気持ちで障害者さんの作る作品を買っていました。

だけどもマジェルカさんにある作品は全部ぜ~んぶ素敵なものだったんです。
それは障害者の方が作る作品って言われるまでわからないような作品でした。
衝撃的でした、本当にごめんなさいという気持ちでした。
あたしが色眼鏡で見ていたんだって気づいた瞬間でした。

スタッフの方とお話しもできました。
『実はうちの弟も障害があって、でもかわいいんです!』
そんな風に話すスタッフさんを見て、涙が出そうになりました。
いつかのんちゃんが風太の事をこう言ってくれたらいいなと思いました。

一つ一つ丁寧に商品の説明をしてくださるその方を見て、あたし気持ちを込めて、販売するという気持ちが少し薄れていたんだと思いました。


気持ちを込めてお客様にお伝えする!!
それはハニドロを始めたときのあたしの気持ち。
たくさんの幸せはあげられないけどほんのひとしずく(DROP)の幸せ(HONEy)をプレゼントしたい!そう思ったからこのお店の名前にしたんだっけ!!

だからだから、あたしこの作品を作ってる方に会いに、その働く姿を見にいこうっ!!思ったのが去年の12月。



ひょうたんカフェさんに行くとダウン症の方がお迎えしてくれました。
エプロンをして『いらっしゃいませ』と・・・
みんなが作るおからドーナッツとお茶を頂きました。

みんなが働く場所にはみんなの居場所があり、作品にもその生地を織る方の名前がついていました。
ここで働くみんなには自分の居場所があって大事にされているんだなって感じました。


そんな素敵な職場で作る作品の事をあたしは伝えたいって!思いました。
『この商品は障害者の方が作ってる作品なんです』ではなくて『この作品かわいいでしょ?実はね・・・』って話がしたいんです。

モノにはちゃんとコトがあるんだって事をNEW ハニドロでお伝えしながらお客様に商品を買っていただこうと思ってます!

そしてあたしがお客様だったら買ってから『思ったのとちが~う!!』って思うより使ってよかったから、気に入ったから『これ買おう!』って思いたい!!!

ひょうたんカフェさんの商品はつなぐで使っていただくことができます。



つなぐとハニドロをつなぐそんなアイテムになったら嬉しいです★


一覧へもどる