つなぐからのお知らせ

ダチョウ牧場の中のカフェつなぐから、皆さまへのお知らせです。

つなぐでつながる Junya&GinjiroLIVE☆

2017/12/18

こんばんは。
今日も冷えますね!

先週の週末、心があったまるそんなイベントをつなぐで開催させていただきました。
Junya&GinjiroLIVE☆

3年前だったかな?ぎんじろう君と同級生のこなちゃんがつなぐでLIVEをしたい!!ってやってきました。
いろいろお話していると若い二人が、お客様を集めて、お店を貸し切って、初めてLIVEをするのは少し無理があるかな?と思ったあたしは『今度あたしが大好きなシンガーのASUKAちゃんのLIVEをつなぐでやるからその時歌ってみる?』
そんな風に提案させていただいたと思います。

ASUKAちゃんは心も体も大きなあたしが大好きなシンガーなのでこのお願を聞いてくれる!そう思ってました。

やっぱしASUKAちゃんのお返事はOK!!

感動的なLIVEを一つつなぐで作ることができました。

そして今年、ぎんじろう君がお店に来てくれました。
おばさんあたし、すっかり大人っぽくなったぎんじろう君に気づかず失礼!!
『最近も歌ってる?またなんかあったら言ってね~(^^)』
そんな会話をしました。

そしたら次の日、『つなぐでLIVEさせてくださいっ!』そんな嬉しいご連絡を頂きました。

そして数日後、『打ち合わせをお願いします!』またまたそんな嬉しい連絡。
『こんな感じもいいね~、そんな風にしたらどう?』打ち合わせはスムーズでお店の事もちゃんと考えてくれて『はいっ!』『そうさせていただきます』この子なら大丈夫!その気持ちと同時にこの子がやってよかったって思ってもらえるようなLIVEのお手伝いをしたいと強く思いました。

12月16日(土)
18:00  ぎんじろう君到着。
       ジュンヤさん到着。

『音響は?』

音響の事、伝えたつもり⇒が伝わってなかった!

伝えたつもりが伝わってない。
その事実は今、どうしようもなくって、でもこのピヨピヨ感は何度経験しても寿命が3年ぐらい縮まったような気がして、音響の事がさっぱりわかんないあたしは国語の授業で読めない漢字があるのに本読みをさされた、あの時のドキドキに似ていました。

その時、救世主のジュンヤさん。
うちの音響をみて、『これとこれがあれば大丈夫!』


19:00 LIVEスタート☆

緊張するぎんじろう君。
1曲目、2曲目を唄ううちに緊張はほぐれ、3曲目は【糸】


3曲目を唄う前、『寒い中、来てくれているお客様、友達、家族がいてくれるのが当たり前じゃなくて感謝!唄の中にありがとうがあるわけじゃないけどそんな気持ちを込めて唄います。』と!




そして、経験値の高いジュンヤさん。
透き通る声とみんなの心を鷲掴みにする唄を聴かせていただきました。



2017年12月、また一つ心に残るイベントが増えました。



つなぐを譲り受けて4年、少しづつつなぐでつながる。
縦の糸と横の糸がないとできないお店。
そんなことを改めて考えるきっかけをくれた若きシンガー、ぎんじろう君♪そして暖かい想いを持って応援してくれているジュンヤさん、ユキちゃん。



また明日からもつなぐでつながるようにお店OPENします!!




一覧へもどる